選び方のコツ

内部ケーブル

工務店というのは通常、比較的狭いエリアで、地域に密着して営業している建築施工会社のことをいいます。そしてその大半は、社長と数名の大工と事務員といったような、小規模な会社です。 注文住宅を工務店に依頼する場合には、この小規模ならではの細やかな対応が、最大のメリットになります。また、何か困った時の地元の工務店ならではの素早い対応と、顔の見える安心感なども、重要なポイントです。 近年では、多様化するニーズに応えるために、そうしたこれまでのメリットに加えて、新しい技術を導入するなどして、品質の向上をはかっている工務店も多数あります。 こうした工務店の情報を得るには、地元の評判を聞くのが一番です。その地域で長年営業していて、十分な実積があるのであれば、信頼を得ているので大丈夫と考えて間違いないでしょう。

注文住宅を建てる際に、工務店には、設計から施工までをまとめて依頼することが出来ます。 こうした点は便利でもありますが、その一方で、工事をチェックするのが、その工務店の担当者になってしまうということには注意が必要です。 また、工務店の多くが、自由設計による注文住宅を扱っていますが、設計と工事が一体となっているため、どうしても施工のしやすさが優先した設計になってしまうという傾向があります。 こうした注意点を解決する方法として、設計と施工を分けて発注するという工夫をしてみることは、大きなメリットがあります。 家の設計と工事の監理は設計事務所に依頼をし、地元の工務店には施工のみを依頼するという方法です。このようにすれば、工務店が提供する多くのメリットを得ながら、注意すべき点も同時に解決することが出来るでしょう。